<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ワールドカップ umenai

盛り上がっているロシアワールドカップ。

日本代表も戦前の予想に反し、2戦目を終え1勝1引き分けと
いい意味で期待を裏切ってくれていました。

その活躍に連日日本中でも、物凄い盛り上がりとなっております。

そして迎えた昨晩の第三戦ポーランド戦。

勝てばもちろん予選突破。引き分けでも予選突破。
そして負けてもセネガル、コロンビア戦の結果次第で予選突破と
非常に日本にとっては恵まれた条件となっていました。

そして試合開始。
西野監督は1戦目、2戦目と6人のスターティングメンバーを変えてきました。
格上の相手に主力温存?と少し疑問でしたが、
試合が始まって嫌な予感は的中しました。

始めて今大会に出場した選手は気合が空回り。
パスを出す選手がいない。
受け手もいない。
決定力不足。
連携不足。

それは素人目にみても明らかでした。
そして案の定、相手が一点を先制。

あれほど楽な条件だった予選突破が突如として
危うくなり、選手交代を試みるが
全て空回り。

しかし、幸いにも後半もう一つの試合のコロンビアが一点を取り、
このまま両試合が終わるとセネガルと得失点差、警告差との争いで
辛うじて予選突破が出来ることに。

そこで西野監督が下した采配は、驚くことにこのまま試合を終わらせること。
つまりは日本の得点を捨て勝ちはおろか引分けに追いつく事も捨て、
時間稼ぎに徹する事でした。

この采配には賛否両論はありますが、
私は怒りを通り越して呆れました。

西野監督は1点を取る事よりもコロンビアが勝ってくれることに賭けた。
つまりは自分たちの選手の可能性を信じなかった。
結果ギャンブルには成功し予選突破を掴みましたが。

しかし仮にセネガルが追い付いていたらどうなったことか。

結果だけ見れば予選突破という事はとても価値ある事です。
しかしこんな無様な内容での予選突破は私には素直に喜べませんでした。

侍ジャパンの名が廃る。

セネガルコロンビアの結果に予選突破を見出すよりは、
最後まであきらめずにボールを追ってほしかった。
そして胸を張って決勝トーナメントで戦ってほしかった。
万が一その結果進めなかったとしても
その方がよっぽど侍ジャパンという名に相応しいと感じました。

ただし、ワールドカップという大きな大会で
精神論や感情論など綺麗事では語れない事がある事は承知していますので
これはあくまで私の意見という事でお話いたしました。

ここからは気持ちを切り替えて、
日本代表を心から応援している一人として
決勝トーナメントで思い切ったプレーを期待したいです。

頑張れニッポン!







[PR]

by bombo0714 | 2018-06-29 10:04 | umenai | Comments(0)  

PTA活動          fjo

子どものいる親にとって、主に小学生の間は「PTA」の活動に関わらなくてはならない地域が多く、正直煩わしいと感じている保護者の方もたくさんいるのではないでしょうか。

私もその一人で、学童保育の方では縁あって役員をやったりして携わってきましたが、PTAには何故かあまり関心がなく、毎年あたりまえに会費は払っているものの一体何のために活動しているのかよく分からないまま息子が5年生になりました。

ところが今年度とうとう声がかかり、PTAの役員を務めることになってしまいました。

学校の児童数が少ないため一応ルールでは子どもの在学中に最低1回は何らかの役員か委員をやらなければならないようですが、黙っていれば気づかれないまま卒業までいけるかも・・くらいに思っていたのはやはり甘かったようです。

しかし私は目立ちたがりの面がありこういう役割はもともと嫌いではないので、確かに時間は使いますが今は会社の理解を得ながらむしろ楽しんでやらせてもらっています。

PTA活動に参加する事によって、今さらですが息子の友達の親の顔を覚え、親どうしも仲良くなったり、子どもに関する共通の話題や情報を共有できたりと、親にとってのメリットがたくさんあることがわかりました。

また、学校だけではなく子供会や地域と関わる機会も多く、どんな人が地域に住んでいるのか、お互いの顔が見える間柄になります。

地域内の危険な場所を把握できたり、不審者等の情報をいち早く収集することもできます。

子どもたちの登下校や近所で遊んでいる様子を地域全体で見守ることで、事故や犯罪防止はもちろんのこと、万が一の災害時には無事の確認が取れやすいなど、セーフティネットの役目も担えます。

最近、小学生が犠牲になってしまうとても悲しく痛ましい事件や事故のニュースが頻繁に報道されています。

昔に比べるとPTAの存在意義が薄れてきていますが、ライフスタイルが多様化している今の時代だからこそ、家庭・学校・地域が一体となって子どもを見守り育てていく仕組み、環境づくりが必要だと感じています。
c0155239_16254315.jpg


[PR]

by bombo0714 | 2018-06-23 15:56 | fujio | Comments(0)