カテゴリ:umenai( 108 )

 

岩手の星  umenai

以前岩手競馬に「ロックハンドスター」という競走馬がいました。
訳すると「岩手の星」である。

ロックハンドスターは2009年に競走馬としてデビューしました。

翌年の2010年、3歳となったロックハンドスターは岩手競馬三冠レースと言われる
ダイヤモンドカップ、不来方賞、ダービーグランプリという
3つのレースで優勝し3歳三冠という偉業を果たしました。

また、その年の12月には一線級の馬たちが集結するレース、
桐花賞で古馬と対戦し見事勝利を収め、
誰もが認める岩手を代表する競走馬へと成長したのでした。

以前より厳しい経営状況によって常に廃止の危機を背負っていた
岩手競馬にとってロックハンドスターの存在、活躍は
一筋の光でもありました。

しかし、そんな岩手競馬の経営を更に追い込んだ出来事。
2011年3月11日、東日本大震災。

テレトラックなどが被災しレースが行われない状況が続き、
またしても岩手競馬は廃止の危機を迎えたのでした。

そしてその年の10月、盛岡競馬場で毎年行われていた
地方G1「マイルチャンピオンシップ南部杯」が
2011年は復興レースとして東京競馬場で開催されることになりました。

岩手代表として出走依頼があったロックハンドスターでしたが
東日本大震災の影響でコンディションが思わしくない事から
関係者たちは出走する事に躊躇していました。

しかし関係者はロックハンドスターの活躍で岩手を元気にしたい、
全国にもっと岩手競馬を知ってもらいたいという思いから、
悩んだ末、レースに出走する事を決めたのでした。

そして東京競馬場の空に鳴り響いた岩手競馬のファンファーレ。

その直後の出来事でした。

東京競馬場ダート1600Mのコースで行われたレーススタート間もなく、
ロックハンドスターは芝からダートに変わる境目で
右上腕骨を骨折し騎手も落馬。
診断結果は予後不良により安楽死、享年4歳。
彼は名前の通り、星になったのでした。

そんな中、復興レースとして行われた南部杯は記録的な売り上げを達成。
その分配金により岩手競馬の廃止は免れたのでした。

そして彼のおかげで岩手競馬は今も続いています。

しかし、そんな岩手競馬に今年またしても廃止の危機が訪れています。

連日ニュースでも取り上げられている岩手競馬所属の
競走馬からの3度にもよる禁止薬物の検出。
そのため岩手競馬は休止を余儀なくされています。

公正が大前提の競馬にはあってはならない事件。

一体誰が何のために・・・。

ロックハンドスターが命に代えて
星となって照らし続けている岩手競馬の明かり。
その明かりを決して消すこと事があってはなりません。

一刻も早い真相究明、再発防止、そしてレースの再開を
岩手競馬のファンの一人として願っております。

頑張れ岩手競馬!!
c0155239_09460695.jpg













ありがとうロックハンドスター!!


[PR]

by bombo0714 | 2018-11-10 09:47 | umenai | Comments(0)  

味噌作り umenai

今年も残すところあと2か月。
先月ハロウィーンのイベントが終わったと思ったら
少しづつクリスマス関連のCMなんか目にするようになってきて・・・。
なんて気の早い連中だと思っている今日この頃ですが、
そんな中先週末に初めての味噌作りにチャレンジしてみました。

まずは大豆をよく洗い水につけて一日過ごします。
大豆が水を吸うことによって、大きさや艶が出き、
焚きあがりがとてもよくなります。

下ごしらえが済み次の日に豆を煮ます。
この際は圧力鍋か大鍋で煮ます。

今回は薪ストーブの上に大鍋を置き、約3時間ほど煮ました。
c0155239_14263259.jpg






























途中、灰汁や大豆の皮が浮いてくるのでそれらをすくいます。
c0155239_14274759.jpg






























大豆を煮て沸騰した後は、さし水を入れます。
これは一旦水の温度を下げて豆の中まで火をしっかり入れるためです。

そして豆が柔らかくなるまで煮込み終えたら
大豆を潰していきます。
今回はフードプロセッサーを使用しました。
c0155239_14320180.jpg






























大豆を潰し人肌程度に冷ましたら、
塩と麹を混ぜ合わせたものに、大豆を足してさらに混ぜ合わせます。
c0155239_14371069.jpg






























混ぜ合わせたものは団子状にして保管する容器に投げ込みます。
投げ込むことによって中の空気を抜くためです。
c0155239_14395753.jpg






























詰め合わせた大豆の上にカビ予防にさっと塩をのせ、
サランラップなどを敷き、空気に触れさせないようにし、
そして重しを置いたら出来上がりです。

仕込んだ味噌はなるべく気温が低く、温度変化の少ない場所に寝かせます。
そして夏場の時期に熟成がすすみ来年の秋頃には完成します。

なんとか美味しい味噌が出来ますように!









[PR]

by bombo0714 | 2018-11-05 14:44 | umenai | Comments(0)  

社員旅行 その2  umenai

2日目は高山から金沢へ。
車で約2時間の道のりでした。

金沢駅では2005年に造られた「もてなしドーム」と「鼓門」が
観光客を迎えます。

聞くところによると金沢駅は「世界で最も美しい駅」の
一つに選ばれたのだとか。
c0155239_09510302.jpg






























なんといっても金沢の魅力は日本海から水揚げされる
新鮮な魚介類や有名な和菓子店、土産品が豊富なところ、
それ以外にも古い町並みと洗練された町並み、そして自然が見事に融合している
とても美しい場所でした。

まずは金沢観光の定番、茶屋街です。
金沢には三か所の茶屋街が点在していますが、
そのなかでも一番観光客が集まる場所、「ひがし茶屋街」。
c0155239_10030237.jpg































出格子と石畳が続く街並みには、和菓子店や伝統工芸品店、カフェなどが
立ち並んでいます。

また夜になると茶屋からは三味線や太鼓の音がこぼれて来るそうです。

続きまして日本三名園の一つ、「兼六園」はミシュラン観光版で
最高ランクの3つ星を獲得しました。

c0155239_10084768.jpg





























敷地約11,4万平方メートルという広大な敷地は金沢の中心部に位置しています。

金沢の見どころは他にも、かつての藩士が実際に住んでいた武家屋敷街、
加賀百万石前田家の居城であった金沢城跡公園、
金沢市の中心に位置している21世紀美術館、
日本海の海の幸を中心に生鮮野菜、食事処などが一堂に会した
「近江町市場」などなど数えてもキリがないほどの魅力ある場所が
他にも点在しています。

いまや観光地の定番、「金沢」は本当に素晴らしい場所で、
その魅力に惚れてしまいました。
また頑張って訪れます、金沢!
c0155239_10321758.jpg






[PR]

by bombo0714 | 2018-10-22 10:35 | umenai | Comments(0)  

社員旅行 その1

先日、飛騨高山~金沢へ社員旅行へ行ってまいりました。
まずは新幹線で金沢へ降り、レンタカーを借りて
富山県五箇山へ向かいました。

五箇山地域は白川郷と共に合掌造り集落として
世界遺産に登録されております。

高台から望む五箇山相倉地区。
そこはまるで日本昔話の世界に迷い込んだようで。
c0155239_09182546.jpg


























この地域は世界でも有数の豪雪地帯で、雪の重みを減らすために
傾斜の急な大きな屋根の家屋が生まれました。

そして五箇山から車で程近くに位置している
岐阜県白川郷へ。

c0155239_09245615.jpg






























まさに古き良き日本の原風景とはここの事を言うのでしょう。
日本人なら誰もが懐かしさを感じる風景に間違いありません。

次はその日の宿泊地、高山へ向かいます。

高山市は江戸時代から明治時代にかけての面影を
多く残した古い町並みや飛騨牛などに代表されるご当地グルメなど
魅力がいっぱいの場所です。

c0155239_09393442.jpg






























c0155239_09400271.jpg






























人気のお店ともなると行列はこの通り。
食べ物屋さんやお土産屋さんがこの雰囲気ある通りに
立ち並んでいました。
それにしても情緒があって素晴らしい場所でした。

そして夜は飛騨高山のグルメを味わいに
ネオンに釣られ夜の街に消えたのでした。

つづく
c0155239_09463127.jpg





[PR]

by bombo0714 | 2018-10-18 09:48 | umenai | Comments(0)  

西馬音内盆踊り umenai

皆さん、お盆はどう過ごされたでしょうか。

お盆と言えば盆踊り。
という事で私は秋田県羽後町西馬音内(にしもない)で
16日から18日まで三日間にかけて行われた
西馬音内盆踊りに行ってきました。

西馬音内盆踊りは重要無形文化財に登録されており
徳島阿波踊り、岐阜郡上踊りと合わせ
日本三大盆踊りに数えられています。
盆供養と豊年祈願を込めた踊りで
その歴史は古く、言い伝えによるとおよそ700年前ともいわれております。

会場には櫓が建てられ、その上で繰り広げられる太鼓、唄い手、三味線、横笛などの
勇壮なお囃子に合わせ、編み傘や三頭巾で顔を隠した踊り手が踊ります。



c0155239_10550482.jpg




















妖艶で優美な踊りは神秘的で、
また独特の世界観に
まるで異界に迷い込んでしまったような感覚でした。




c0155239_11045120.jpg
















c0155239_11090018.jpg























心の底から来てよかったと思える盆踊りでした。
動画でも沢山出ているので
是非チェックしてみてください。




[PR]

by bombo0714 | 2018-08-20 11:17 | umenai | Comments(0)  

オーケストラ umenai

昨日、岩手県民会館で行われた
久石譲&ワールド・ドリームオーケストラのコンサートに行ってきました。

久石譲といえば宮崎駿監督のジブリ映画の作曲でも有名ですが、
今回は魔女の宅急便、トトロ、千と千尋の神隠しを含む
全9曲の演奏でした。

そんなひと時は、言葉に出来ないくらいの最高な時間を過ごすことが出来ました。

楽器それぞれの繊細かつパワフルな音色。
それは一つ一つ身体の細胞の隅々まで届き渡るようで。
そして気分は自分が映画の中の舞台に
飛び込んでしまっているような感覚でした。

また、そんな違った楽器の音色が交わる事で、
一つの壮大な音楽を作り出すことに、
もはや私の表現力では表せないほどの感動を覚えました。

クライマックスでは5分以上もの鳴りやまない拍手と
スタンディングオベーションは会場全体が
感動の渦に包まれたことを表していると思います。

そんな昨晩の余韻に浸りながら
当社は11日~19日までお盆休みとさせて頂きますので
宜しくお願い致します。








[PR]

by bombo0714 | 2018-08-10 10:25 | umenai | Comments(0)  

ワールドカップ umenai

残念ながら惜しくもベルギー戦に敗れてしまったサムライジャパン。

前回のポーランド戦の消極的な試合は
酷評の声も多数上がりましたが、
今回はそれらを一蹴させる最後まで攻め続けた
とてもサムライジャパンという名に相応しい試合でした。

私もポーランド戦の戦いは否定的な立場でしたけど
今回の試合は本当に日本人として誇らしい内容だったと思います。

惜しくもベスト8には届きませんでしたが、
日本はもとよりアジアの国々の今後の可能性を少しは
見いだせた内容だったと思います。

感動をありがとう!
胸を張って日本に帰ってきてください。
お疲れさまでした!


[PR]

by bombo0714 | 2018-07-03 09:30 | umenai | Comments(0)  

ワールドカップ umenai

盛り上がっているロシアワールドカップ。

日本代表も戦前の予想に反し、2戦目を終え1勝1引き分けと
いい意味で期待を裏切ってくれていました。

その活躍に連日日本中でも、物凄い盛り上がりとなっております。

そして迎えた昨晩の第三戦ポーランド戦。

勝てばもちろん予選突破。引き分けでも予選突破。
そして負けてもセネガル、コロンビア戦の結果次第で予選突破と
非常に日本にとっては恵まれた条件となっていました。

そして試合開始。
西野監督は1戦目、2戦目と6人のスターティングメンバーを変えてきました。
格上の相手に主力温存?と少し疑問でしたが、
試合が始まって嫌な予感は的中しました。

始めて今大会に出場した選手は気合が空回り。
パスを出す選手がいない。
受け手もいない。
決定力不足。
連携不足。

それは素人目にみても明らかでした。
そして案の定、相手が一点を先制。

あれほど楽な条件だった予選突破が突如として
危うくなり、選手交代を試みるが
全て空回り。

しかし、幸いにも後半もう一つの試合のコロンビアが一点を取り、
このまま両試合が終わるとセネガルと得失点差、警告差との争いで
辛うじて予選突破が出来ることに。

そこで西野監督が下した采配は、驚くことにこのまま試合を終わらせること。
つまりは日本の得点を捨て勝ちはおろか引分けに追いつく事も捨て、
時間稼ぎに徹する事でした。

この采配には賛否両論はありますが、
私は怒りを通り越して呆れました。

西野監督は1点を取る事よりもコロンビアが勝ってくれることに賭けた。
つまりは自分たちの選手の可能性を信じなかった。
結果ギャンブルには成功し予選突破を掴みましたが。

しかし仮にセネガルが追い付いていたらどうなったことか。

結果だけ見れば予選突破という事はとても価値ある事です。
しかしこんな無様な内容での予選突破は私には素直に喜べませんでした。

侍ジャパンの名が廃る。

セネガルコロンビアの結果に予選突破を見出すよりは、
最後まであきらめずにボールを追ってほしかった。
そして胸を張って決勝トーナメントで戦ってほしかった。
万が一その結果進めなかったとしても
その方がよっぽど侍ジャパンという名に相応しいと感じました。

ただし、ワールドカップという大きな大会で
精神論や感情論など綺麗事では語れない事がある事は承知していますので
これはあくまで私の意見という事でお話いたしました。

ここからは気持ちを切り替えて、
日本代表を心から応援している一人として
決勝トーナメントで思い切ったプレーを期待したいです。

頑張れニッポン!







[PR]

by bombo0714 | 2018-06-29 10:04 | umenai | Comments(0)  

新家族  umenai

愛犬ななが天国に旅立ってから約5か月が経過しようとしています。

正直死んだ直後はいわゆるペットロスに陥り、
何をしていても手につかない、夜眠れない、思い出しては号泣と
父親が死んだ時よりも悲しく辛い日々でした。
※こんな事言ったら怒られますが・・・。

そんな矢先、二代目の犬を飼ってはどうかという結論に家族で至りました。

しかし、ななは嫉妬してしまうのではないか、
辛い気持ちを新しい家族で代わりに癒すのは先代、二代目に対して申し訳ない、
いや、悲しんでいる私達家族の姿をみているのは先代も悲しく
天国に行くのも行けないんじゃないか、
などなど色々な葛藤がありましたが、
先代のななにとって一番嬉しいことは私達がくよくよせず
笑って日々の生活を送る事なのではないか。
そしてななを忘れず一生心の中に思い続ける事が大切だという事に至り
勝手な解釈かもしれませんが二代目を迎えるということに
きっとななも許してくれるはずだと思い
新しい家族を迎えることにしました。

そして我が家にやってきた新しい家族の女の子の「もも」。
先代と同じ犬種です。

まだまだ子犬のももは活発で家中を走り回り、
そこら中でお漏らしをし、
色々な物を噛みちぎったりと
困ってしまうくらいやんちゃですが
そんな姿に先代の小さかった頃の影をすこしでも感じられることに
とても幸せを感じています。

そしてこの子とどんな思い出を作って、
どんな未来を共に過ごせるのか、
楽しみで楽しみで仕方がありません。

なな!こんな自分たちをお父さんと天国から見守っててね!
c0155239_10263275.jpg
c0155239_10265253.jpg


頼むから早くトイレ覚えてくれ!!!












[PR]

by bombo0714 | 2018-04-28 10:28 | umenai | Comments(0)  

震災から7年  umenai

下記の詩は、アメリカ人の女性が10歳の息子を亡くし、
その悲しみの思いを綴った詩です。

・・・・・・・・・・・・・・・

最期だとわかっていたなら

ノーマ・コーネット・マレック
訳・佐川睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしはその一部始終をビデオにとって
毎日繰り返しみただろう

あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら
わたしは今日
どんなにあなたを愛しているか伝えたい
そしてわたしたちは忘れないようにしたい
若い人にも年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
(中略)

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないでね」を
伝える時を持とう

そうすればもし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

・・・・・・・・・・・・・・・・

震災から7年。
誰もが明日という日は約束されたものではないと
思い知らされました。
犠牲になった方々が身をもって私たちに教えてくれた様々なこと。
私たちにできること、しなければならないことは
その教えの数々を守り続けることです。

そして、亡くなった人たちの分まで強く生きる。
それが残されたものたちの使命だから。

被災地に笑顔の花が一日も早く満開になりますように。













[PR]

by bombo0714 | 2018-03-11 09:21 | umenai | Comments(0)