ワールドカップ umenai

盛り上がっているロシアワールドカップ。

日本代表も戦前の予想に反し、2戦目を終え1勝1引き分けと
いい意味で期待を裏切ってくれていました。

その活躍に連日日本中でも、物凄い盛り上がりとなっております。

そして迎えた昨晩の第三戦ポーランド戦。

勝てばもちろん予選突破。引き分けでも予選突破。
そして負けてもセネガル、コロンビア戦の結果次第で予選突破と
非常に日本にとっては恵まれた条件となっていました。

そして試合開始。
西野監督は1戦目、2戦目と6人のスターティングメンバーを変えてきました。
格上の相手に主力温存?と少し疑問でしたが、
試合が始まって嫌な予感は的中しました。

始めて今大会に出場した選手は気合が空回り。
パスを出す選手がいない。
受け手もいない。
決定力不足。
連携不足。

それは素人目にみても明らかでした。
そして案の定、相手が一点を先制。

あれほど楽な条件だった予選突破が突如として
危うくなり、選手交代を試みるが
全て空回り。

しかし、幸いにも後半もう一つの試合のコロンビアが一点を取り、
このまま両試合が終わるとセネガルと得失点差、警告差との争いで
辛うじて予選突破が出来ることに。

そこで西野監督が下した采配は、驚くことにこのまま試合を終わらせること。
つまりは日本の得点を捨て勝ちはおろか引分けに追いつく事も捨て、
時間稼ぎに徹する事でした。

この采配には賛否両論はありますが、
私は怒りを通り越して呆れました。

西野監督は1点を取る事よりもコロンビアが勝ってくれることに賭けた。
つまりは自分たちの選手の可能性を信じなかった。
結果ギャンブルには成功し予選突破を掴みましたが。

しかし仮にセネガルが追い付いていたらどうなったことか。

結果だけ見れば予選突破という事はとても価値ある事です。
しかしこんな無様な内容での予選突破は私には素直に喜べませんでした。

侍ジャパンの名が廃る。

セネガルコロンビアの結果に予選突破を見出すよりは、
最後まであきらめずにボールを追ってほしかった。
そして胸を張って決勝トーナメントで戦ってほしかった。
万が一その結果進めなかったとしても
その方がよっぽど侍ジャパンという名に相応しいと感じました。

ただし、ワールドカップという大きな大会で
精神論や感情論など綺麗事では語れない事がある事は承知していますので
これはあくまで私の意見という事でお話いたしました。

ここからは気持ちを切り替えて、
日本代表を心から応援している一人として
決勝トーナメントで思い切ったプレーを期待したいです。

頑張れニッポン!







by bombo0714 | 2018-06-29 10:04 | umenai | Comments(0)

おすすめ情報から日常の事まで。スタッフ全員のブログです!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31