ブログトップ

リョーリンのひとりごと

焼き鳥

およそ三ヶ月ぶりのブログ更新・・・。
最近の自分自身の怠け具合に嫌気がさしてきます。
今後は心機一転頑張りますので、よろしくお願い致します。

さて突然ですが、最近私のはまっている事といえば、行きつけの、とある焼き鳥屋さんでの一人飲みです。
仕事などでのストレスを発散するのはもっぱらこの焼き鳥屋。

最近ではなかなか目にする事が少なくなってきた赤ちょうちんを店先にぶら下げ、
その横の暖簾をくぐると、ただただ寡黙に焼き鳥を焼いている、
お世辞にも愛想がいいとは言えない主人がお出迎え。

お出迎えと言っても、過剰に笑顔を振りまくそこら辺の居酒屋とは違い、
まったくの仏頂面。ただしそれがいい。

肩肘張ることなく、ただ静かにビールと焼き鳥にまっすぐに向かい合うことが出来る。
そしてその日の一日の出来事を静かに振り返る。

程なくすると、10人やそこらで満席になるカウンターが常連客で徐々に埋まってくる。
常連客とはもちろん顔見知り。
しかし名前も知らなければ、職業も知らない。
そんな常連客の中には、大企業の偉い人や公務員の偉い人、医者など
様々な人種が混じっているようだが、こじんまりとしたそのお店では
職業、肩書きなど一切関係なく皆平等。

店で流れているニュースの話題や競馬の予想など
それぞれの人たちが様々な会話で賑わい、皆仕事を忘れ、それぞれのペースで
酒と焼き鳥に向き合い、そして帰路につく。

そんなこんなで、まさにそこは大人の社交場であり
私にとっての楽園そのものである。

c0155239_13505226.jpg

[PR]
by bombo0714 | 2016-10-20 13:55 | umenai | Comments(0)