水道の凍結にご注意を!

弊社では、毎年この時期になると賃貸管理物件のアパート・貸家を中心に水道の凍結に関する注意文書を投函させていただいています。
c0155239_030523.jpg

寒さが厳しい盛岡の冬は何かと事故が付き物ですが、その一つが水やお湯が凍って出ない!!のトラブルです。

水道の凍結は生活に直接影響し、けっして安くはない費用も発生するので事前の注意が必要です。

特に今年は例年に比べこの時期にしては寒さが厳しくなっているため、こうした事故を未然に防ぐ必要がありますね。

そこで今一度、正しい水抜き方法を確認してみましょう!

水道凍結による事故が多発するのは12月~2月(目安として気温がマイナス4℃を超えるとき)です。
特に真冬日(最高気温が氷点下)の寝る前や年末年始のお休みで家を留守にするときは要注意です。必ず「水抜き栓」による水道管の水抜きをおこないましょう。

水抜き栓の操作、注意点
・水の抜き方(手動式)
 1)水抜き栓のハンドルを右に止まるまでまわす。
 2)家の中の蛇口を全部開ける。
 3)しばらくして空気が入ったのを確認後、蛇口を閉める。
・水の出し方(手動式)
 1)全部の蛇口が閉まっている事を確認する。
 2)水抜き栓のハンドルを左に止まるまでまわす。
 3)蛇口をゆっくりと開ける。(※空気の圧力で水が飛びますので注意!)
・水の抜き方(電動式)
 1)水抜きパネルの電源が「ON」になっているのを確認する。
 2)「水抜き」のボタンを押す。(ランプがついているか確認)
 3)手動式の、2)、3)と同じ作業をする。
・水の出し方(電動式)
 1)全部の蛇口が閉まっている事を確認する。
 2)水抜きパネルの電源が「ON」になっているのを確認する。
 3)「通水」のボタンを押す。(ランプがついているか確認)
 4)蛇口をゆっくりと開ける。

・手動ハンドルの開け閉めが不完全だと、凍結や破損、または水漏れの原因になります。
・水抜き栓の箇所を確認し点検しましょう。
・手動ハンドルが動かないとき、電動式が作動しない時は、もよりの指定給水装置工事店に修理を申し込み下さい。
・ボイラーの凍結防止ヒーターが作動しているためブレーカーの電源は入れたままにしておきましょう。

万が一凍結してしまったら・・・
・凍った部分にタオルや布をかぶせて、ぬるま湯をゆっくりかけて気長に解かしましょう。
 急に熱湯をかけたりすると、ひび割れや破裂することがあります。
・蛇口を開いたまま留守にしますと、留守中に水道が自然解凍し水が流れたままとなり水漏れ事故につながる恐れがあるので要注意です!

破裂してしまった時は・・・
・水道管や蛇口が破裂した時は、水抜き栓を閉めて、破裂箇所に布かテープをしっかりと巻きつけ応急手当てをした後、指定給水装置工事店に修理を申し込んで下さい。
・メーターが破裂した時は、上下水道課や指定水道工事店に連絡しましょう。

本格的な寒さはまだまだこれからです。
くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
[PR]
by bombo0714 | 2014-12-24 23:48 | fujio | Comments(0)

おすすめ情報から日常の事まで。スタッフ全員のブログです!


by bombo0714