盛岡ぶらり散歩 ~八幡宮、八幡町界隈 umenai

盛岡に住んでいても実際は盛岡に関して知らない事が多すぎる。
という事で今回は盛岡八幡宮、八幡町界隈を
散策してきましたので写真とともにご紹介します。

盛岡市民なら言わずと知れた盛岡八幡宮。
応神天皇(15代天皇)などが祀られています。
盛岡八幡宮の歴史はこちら
c0155239_15593562.jpg


拝殿へと続く石畳には秘密があり、何百枚とある石畳の中に12枚だけ
十二支が刻まれた石がありますので是非見つけてみてください。
その1枚がこちら。
c0155239_1626659.jpg


境内には拝殿・本殿以外にも色々な神社があります。
その一つに高倍神社。料理や飲食店の守り神です。
その横には包丁塚があり、料理人の魂である包丁がこの塚に
眠っているそうです。
c0155239_16292423.jpg


こちらは交通安全祈祷殿。この場所に車を止めてお祓いを受けます。
c0155239_16313991.jpg


天神社は受験の神様。
c0155239_1632371.jpg


健康の神様。
c0155239_16321120.jpg


十二支それぞれの神様。
自分の干支の所で拝みます。
c0155239_16331433.jpg


左が恵比須さん。右が大黒(ダイコク)さん。
それぞれ七福神の一柱です。
大黒さんはもともとはインド密教から日本に伝わった神様です。
出雲大社の大国主(オオクニヌシ)の漢字がダイコクとも
読めるため神仏習合して出来た日本独自の神様になり
民間信仰に浸透されています。
c0155239_16345124.jpg


拝殿に向かって左手へ進むと現れるのが笠森稲荷神社。
全国にもいくつかこの笠森稲荷神社が点在しています。
c0155239_16533324.jpg


安産の神様。今のところ私には関係ないので割愛。
c0155239_16583576.jpg


さらに進むと神明社が見えてきます。
こちらに祀られている神様は天照大神(アマテラスオオミカミ)。
伊勢神宮の御祭神になります。
c0155239_1704196.jpg


戊辰戦争、日清戦争、日露戦争、第一、二次世界大戦などの戦没者が
祀られている岩手護国神社。
c0155239_1723124.jpg


八幡宮境内を跡に次は八幡町界隈を散策。
その昔、八幡町のメイン通りを縦に分断するように小さな川(櫻川)が
通っていたのをご存知でしょうか。
この写真が川の跡。
櫻川の水源は不明ですが加賀野地区から住吉神社、八幡町、神子田などを
経由して北上川へ合流していたそうで各所に
川が流れていた形跡が見てとれます。
c0155239_17143771.jpg

c0155239_1715598.jpg

消防団建物上の丸と四角のマークは
丸は芥子(ケシ)の実、四角は枡(マス)を意味しています。
合わせて「消します」の洒落。
c0155239_17153852.jpg


馬の競り市として盛り上がった馬検場跡。
それ以前は馬町(現在の清水町)にありましたが
手狭になり明治45年、現在の場所(松尾町)に移されました。
c0155239_17195321.jpg


以前、八幡町には遊郭が点在し、歓楽街として賑わいを見せていた。
参道南側の松尾町には品格ある花街の名残が所々に見受けられる。
そこの路地に佇む猫はよそ者の私を歓迎してくれているのか、
はたまたしてくれていないのか。。。
c0155239_17253181.jpg

[PR]
by bombo0714 | 2014-04-27 17:36 | umenai | Comments(0)

おすすめ情報から日常の事まで。スタッフ全員のブログです!


by bombo0714