人気ブログランキング |

青森  umenai

先日、青森県は五所川原周辺にドライブに行ってきました。
岩手とは隣とはいえ、青森は広くまだまだ訪れた事のない場所だらけでした。

まず訪れたのはつがる市にある「高山稲荷神社」。
津軽半島の西側に位置しています。

高山稲荷神社の歴史はさておいて、なんと言っても有名なのは
幾重にも連なる赤い鳥居ではないでしょうか。
c0155239_15525631.jpg
c0155239_15540109.jpg
赤い鳥居がうねうねと立ち並ぶ光景は、
まるで龍的な生き物なんかが身体をうねらせているようで。

なんというか不思議な空間に迷い込んでしまった感覚を覚えました。

なんとかそんな空間から脱出し、次に向かったのは「十三湖」。
言わずと知れた日本有数のしじみの産地です。
十三湖では一袋三百円でしじみ拾いが体験できます。
ということで私も挑戦しました。
が、10分ほどで疲れて断念。
しかしそんな時間でもまあまあの量は採れるもんです。
c0155239_16090180.jpg
c0155239_16094975.jpg
貴重な体験を済ませて、次に向かったのは五所川原市にある
太宰治の生家、斜陽館。
c0155239_16115604.jpg
建物は1907年に太宰治の父親である津島源右衛門によって
現在の価値で6億~8億円で建てられた豪邸で
国の重要文化財に指定されております。

中は太宰治の資料館になっており、見学をする事が出来ます。

この斜陽館から徒歩1分の場所には
津軽三味線会館という場所があり、
ここでは生で津軽三味線の演奏を聴くことができます。

以上、まだまだこの辺には魅力的な観光スポットやグルメが多数ありますので
是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。
それでは今回は時間がないのでこの辺で。
c0155239_16203714.jpg
日本一長い木造の橋、「鶴の舞橋」




# by bombo0714 | 2019-07-09 16:22 | umenai | Comments(0)

空き家

最近徐々に増え始めている空き家問題。

空き家を貸す事も売る事も考えていないという方。
家族が入院や老人ホームに入所し空き家になってしまった。
転勤の間、自分の家の管理はどうしようかと考えている方。

そういった方々に当社では新しく下記のプランを用意しました。
詳しくは是非お問合せ下さい。
c0155239_16564683.jpg

# by bombo0714 | 2019-06-10 16:57 | umenai | Comments(0)

時代

先日本屋にふと立ち寄ってみるとオススメコーナーに積み上げられていた
百田尚樹さんの「日本国紀」という本を見つけた。

手に取り少しページをめくり見てみるとその内容は、
縄文時代から平成の時代までの歴史を作者なりにまとめそれを綴った内容であった。

なんちゃって歴史好きの私としては
まさにドンピシャの内容であったのですぐさま購入しそれに没頭した。

日本の歴史の始まりはどこからなのか。
様々な解釈はあるがおよそ数万年前の旧石器時代には
日本列島に人が住み始めていたと言われているそうである。
しかし日本という国家の始まりと言われるとまた解釈は変わってくる。

また、縄文時代は1万2,3千年前から約2,300年前まで続いていたといわれている。

縄文時代が1万年続いたというその数字は私たちの想像をはるかに絶するほどの年数である。
それから弥生時代がはじまり、様々な時代を経て645年、初めての元号「大化」が生まれた。

そこから飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代~・・・・・江戸時代などを経て現代まで。
何世紀にもわたって繰り返したその歴史は想像を絶するほどの物語を築いてきたはずである。
「日本国紀」はそれらの時代を
私みたいな、なんちゃって歴史好きの素人に対しても
非常に解りやすくうまく纏めてくれていて、
最後は作者が未来も世界に誇るべきすばらしい国家になっていることを願い終わっている。

今まで時代時代に様々な事件や出来事、争い事そして災害などがあったと思うが、
令和の時代も様々な事件、出来事やもちろん災害などの苦難もあるに違いない。

そんな中で私たちがどうやってそれを乗り越えてすばらしい時代にしていくのか。
どういう歴史を築き上げていくのか。
大げさだがそれはこれからの私たち一人一人の力にかかってる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、当社が加盟している岩手県宅地建物取引業協会様から永年表彰を頂きました。
当社は来年で節目の設立30年を迎えます。
これも支えて下さった皆様のおかげと心より感謝いたします。
なんとか来年まで会社が持つように頑張りたいと思います。

そして日本の歴史のように長く40年50年と続けていけるようにこれからも頑張りますので
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
c0155239_18325560.jpg



# by bombo0714 | 2019-06-02 19:00 | umenai | Comments(0)